一般社団法人 日本消化器がん検診学会

刊行物

消化器がん検診用語集

透亮像 translucency

圧迫撮影時に,隆起性の病変があるとき,病変部はバリウムが排除され黒化度が高く,周辺は残存バリウムの吸収により黒化度が低くなる.このぬけたような像をいう.
【同】ぬけ

検索用語

索引