一般社団法人 日本消化器がん検診学会

刊行物

消化器がん検診用語集

要精検率 recall rate

スクリーニング検査の結果,精密検査が必要とされたものの割合.基本的にはスクリーニングテストの陽性率(positive rate)と同じである.ただし画像診断や,細胞診などのように,がん以外での精密検査や治療を要すると判断されるものも見つかる場合があり,要精検率を他の施設や,他の検診と比較する場合,がんを疑ったものだけなのか,非がんを含んだものか基準が異なる場合がある.理想的には要精検率が低く,発見率が高いスクリーニング法が検診としては望ましい.

検索用語

索引