一般社団法人 日本消化器がん検診学会

刊行物

消化器がん検診用語集

pepsinogen ペプシノゲン

消化酵素ペプシンの前駆体で,胃腺主細胞にて合成・分泌される不活性酵素.ペプシノゲンが分泌され,胃内腔の酸に接触すると酵素活性を有するペプシンになる.近年,血清を用いてペプシノゲンを測定することが可能となり,胃粘膜の萎縮程度を調べることが可能となった.

検索用語

索引