一般社団法人 日本消化器がん検診学会

お知らせ

「大腸CT検査の実態全国調査」実施のご案内

 この度、一般社団法人日本消化器がん検診学会 大腸がん検診精度管理委員会および消化管先進画像診断研究会の共催で、大腸CT検査の実施状況および偶発症に関する実態全国調査を実施することになりました。
 なお、本調査は「検診効果の最大化に資する、職域を加えた新たながん検診精度管理手法に関する研究(H27-がん政策―指定―006)」の平成27年度厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)によって実施されています。
 本全国調査を通して、大腸CT検査の標準化が進むとともに、より安全な検査の実施が推進されることが期待されます。

 「大腸CT検査の実態全国調査」へのご回答の募集は終了しました。 多くの御施設からご回答を頂きまして、ありがとうございました。大腸CT検査の実施状況および偶発症に関するデータは、大腸がん検診精度管理委員会および消化管先進画像診断研究会で集計・解析を致します。 なお、調査結果は英文誌に投稿するものとして、日本消化器がん検診学会理事会の承認を経て日本消化器がん検診学会雑誌にオリジナルの論文を引用する形で内容を紹介・掲載する予定です。

アンケート回答期間

2016年1月12日(火)~2016年4月15日(金)
なお、本件に関する電話対応いたしかねますので、ご了承ください。
連絡先メールアドレス:gaia.med@live.jp

「大腸CT検査の実態全国調査」へのご回答の募集は終了しました。

共催

日本消化器がん検診学会 大腸がん検診精度管理委員会
消化管先進画像診断研究会

事務局

国立がん研究センター 社会と健康研究センター 検診開発研究部

お知らせ