一般社団法人 日本消化器がん検診学会

学術集会

各支部地方会

各支部の地方会情報を掲載しています。
支部の基本情報は学会概要ページをご覧ください。

学会概要 各支部のご案内

北海道支部

第49回北海道地方会

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
間部 克裕(函館病院消化器科)
会期
2019年7月6日(土)12:30~18:00
会場
札幌医科大学 臨床教育研究棟1階大講堂(北海道札幌市中央区南1条西16丁目)
プログラム
  • 特別講演※
    「胃がんリスク層別化と胃がん検診」(仮題)
    演者:井上 和彦(淳風会健康管理センター)
  • 教育講演※
    「大腸がん死を確実に減らす対策とは?」(仮題)
    講師:関口 正宇(国立がん研究センター 中央病院)
  • パネルディスカッション(指定)※
     「北海道における胃内視鏡検診」(仮題)
  • 一般演題(公募)

※特別講演,教育講演,パネルディスカッションは支部医師研修会を兼ねる。

一般演題募集
について
締切:2019年5月31日(金)
お問い合わせ先
株式会社プランニング・ホッコー 担当:大高 正裕
〒007-0805 北海道札幌市東区東苗穂5条1丁目6-33
TEL:011-780-5577   FAX:011-780-5588
E-mail:otaka@p-hokkoh.co.jp

東北支部

第57回東北地方会

 新たな時代の消化器がん検診のあり方を考える

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
飯塚 政弘(秋田赤十字病院附属あきた健康管理センター)
会期
2019年7月5日(金)~7月6日(土)
会場
にぎわい交流館AU(あう)(秋田県秋田市中通1-4-1)
参加費
医師3,000円,医師以外2,000円
プログラム
  • 7月5日(金)
  • 教育講演1 「ヘリコバクター・ピロリ感染による胃がんリスクとリスク層別化検診に向けての展望」
     講師:加藤 勝章(宮城県対がん協会がん検診センター)
  • 教育講演2 「X線所見の成り立ちと撮影・読影のコツとピットフォール」
     講師:長濱 隆司(千葉徳洲会病院 消化器内科)
  • 教育講演3 「10年後の胃がん検診」
     講師:戸堀 文雄(秋田県総合保健事業団)
  • 症例検討会(アンサーパッド使用)
  • 7月6日(土)
  • 特別講演「胃がん検診─これまで来た道,これから進む道。新しい道をつくりませんか。」
     演者:春間  賢(川崎医科大学・川崎医療福祉大学,淳風会医療セクター)
  • 教育講演4 「新時代における腹部超音波検診~超音波検診で大切にしたいこと~」
     講師:長沼 裕子(市立横手病院)
  • パネルディスカッション「ヘリコバクター・ピロリ検査,除菌勧奨を検診の場で如何に行っているか─各施設での試み─」
  • 一般演題
  • ランチョンセミナー「胃がん内視鏡検診の現状と課題~酸関連疾患の話題も含めて~」(仮題)
     演者:河合  隆(東京医科大学 消化器内視鏡学)
一般演題募集
について
締切:2019年4月30日(火)
演題名,演者名,共同演者氏名,ご所属を含めて800字以内の抄録原稿をWordファイルで作成し,akkc_jimu@akita-med.jrc.or.jpまでお送りください。
地方会HP
https://57jsgcs-tohoku.com/
お問い合わせ先・
事務局
秋田赤十字病院附属あきた健康管理センター内  担当:菊池 忠広
〒010-0001 秋田県秋田市中通三丁目4番23号
TEL:018-832-1601   FAX:018-832-1603
E-mail: tadahiro_kikuchi@akita-med.jrc.or.jp

関東甲信越支部

第79回関東甲信越地方会

 これからの消化器がん検診を考える

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
萩原 廣明(萩原内科医院)
会期
2019年9月29日(日)
会場
前橋テルサ(群馬県前橋市千代田町2-5-1 )
会費
医師3,000円,医師以外2,000円
プログラム
  • 教育講演1 「これからの大腸がん検診─大腸内視鏡検診を考える」※
      講師:鈴木 康元(松島クリニック) 司会:村田  聡(ムラタ胃腸内視鏡クリニック)
  • 教育講演2 「これからの大腸がん検診─大腸CT検診を考える」※
      講師:永田 浩一(国立がん研究センター) 司会:山口 和也(ちば県民保健予防財団)
  • 教育講演3 「上部消化管検診の見逃しのない観察法・撮影法を考える」※
      講師:成澤林太郎(新潟県立がんセンター新潟病院) 司会:赤松 泰次(長野県立信州医療センター)
  • 放射線研修委員会 教育講演 「トピックスレクチャー」
      講師:小田 丈二(東京都がん検診センター)
  • 超音波研修委員会 教育講演
      講師:松本 直樹(日本大学 消化器肝臓内科)
  • 保健衛生委員会シンポジウム ※
     「より良い消化器がん検診を目指して これまでの取り組みと今後の課題」
      ─受診率向上,事後フォロー,精度管理,安全対策─
      司会:小川 敬子(帝京平成大学),浦島 有希(横浜市立市民病院)
  • パネルディスカッション1 (指定)「これからの胃がん内視鏡検診を考える」※
      司会:齋藤 洋子(茨城県メディカルセンター),中島 寛隆(早期胃癌検診協会)
  • パネルディスカッション2 (放射線研修委員会)
      「読影の補助を生かすための透視観察・追加撮影の技術とは」
  • パネルディスカッション3 (超音波研修委員会)
      「超音波スクリーニング法2019 これで良いのか超音波スクリーニング─記録断面と操作法を見直す─その3 」
      司会:若杉  聡(千葉西総合病院),岩田 好隆(東京女子医科大学 東医療センター)
  • 一般演題(放射線関連,超音波関連)
  • 放射線研修委員会・内視鏡研修委員会 合同胃症例検討会(アンサーパッド)※
      司会:小田 丈二(東京都がん検診センター),茂木 文孝(群馬県健康づくり財団)
  • ザ・ベストイメージングコンテスト(超音波研修委員会)
  • スポンサードセミナー「消化管がん内視鏡治療の最前線」
    講師:浦岡 俊夫(群馬大学大学院医学研究科内科学講座 消化器・肝臓内科分野)   司会:入口 陽介(東京都がん検診センター)
  • ※ 教育講演1 ,教育講演2 ,教育講演3 ,シンポジウム,パネルディスカッション1 ,合同胃症例検 討会は,支部医師研修会を兼ねる。
一般演題募集
について
締切:2019年6月30日(日)
お問い合わせ先・事務局
萩原内科医院  担当:萩原 廣明、千明 未佳
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町1585-2
TEL:027-268-1415  Fax:027-268-1416
E-mail:gankenshin79@fol.hi-ho.ne.jp

東海北陸支部

第49回東海北陸地方会

 消化器がん検診の科学と実践

詳細は事務局(末尾)にお問い合わせください。

会長
源 利成(金沢大学がん進展制御研究所/金沢大学附属病院がんセンター)
会期
2019年11月30日(土)9:00~16:00(予定)
会場
石川県文教会館(石川県金沢市尾山町10-5)
参加費
医師 3,000円、コメディカルほか 2,000円
プログラム
  • 企画講演【消化器がん検診の科学】
    「膵がんのバイオマーカー探索と検診への展望」(仮題)
    講師:本田 一文(国立がん研究センター研究所 早期診断バイオマーカー開発部門)
  • 主題講演【消化器がん検診の実践】
    「膵がん早期発見への取りくみ:地域医療連携システムの構築」(要望仮題)
    講師:花田 敬士(JA尾道総合病院 消化器内科)
    「DNAチップによる消化器がん検診の試み」(要望仮題)
    講師:酒井 佳夫(金沢大学 消化器内科学)
  • シンポジウム「東海北陸地域の特色のある検診システム」(指定と公募)※
  • 一般演題(公募)
  • 共催セミナー「遺伝性/家族性大腸がんの診療と検診への取りくみ」(仮題)
    講師:石田 秀行(埼玉医科大学総合医療センター 消化管・一般外科学)
  • 超音波研修会(企画中)
※主題講演,シンポジウムは支部医師研修会を兼ねる。
シンポジウム
および
一般演題募集
について
締切:2019年8月30日(金)
応募方法:下記項目をWord文書(MS明朝とTimes New Roman)で作成し、添付送信する。
① 応募セッション:シンポジウム、一般演題
② 演題名
③ 演者名 筆頭演者に○をつける。
④ 演者所属
⑤ 抄録 全角で800字以内(英数字は半角換算)
⑥ 筆頭演者の連絡先 住所、電話、ファックス番号、電子メールアドレス

演題応募アドレス:jsgcs-TH49@med.kanazawa-u.ac.jp
お問い合わせ先・事務局
金沢大学がん進展制御研究所腫瘍制御内
担当:太田 亮介  事務:浅香
〒920-0934 石川県金沢市宝町13-1
TEL:076-265-2798(9時~16時)  FAX:076-234-4529
E-mail:jsgcs-TH49@med.kanazawa-u.ac.jp

近畿支部

第48回近畿地方会

 多職種と協働する消化器がん検診

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
阪上 順一(京都府立医科大学消化器内科)
会期
2019年8月24日(土)9:00~17:00
会場
京都テルサ(京都府京都市南区東九条下殿田町70)
会費
医師5,000円,その他2,000円
プログラム
  • シンポジウム1 「内視鏡検査は大腸がん検診のmodalityとなり得るか?」(公募・一部指定)
  • シンポジウム2 「胃内視鏡検診」(公募・一部指定)
  • Debate on the Dais session「超音波検査後の精検法」(公募・一部指定)             
  • 特別企画「大腸CTの実際1 〜前処置から撮影まで〜」(公募・一部指定)
  • 特別企画「大腸CTの実際2 〜画像解析〜」(公募・一部指定)
  •  
  • 特別企画「消化器がん検診における看護師/技師/管理士の役割」(公募・一部指定)
  •  
  • 特別企画「地域連携を推進するための地域の役割分担に関する多施設合同会議」(指定)
  • 特別企画「近畿2 府4 県の消化器がん検診の業務フロー」(公募・一部指定)
  • 産業医研修会「事業所からみた産業医が消化器がん検診に期待すること」※事前申し込み制(HP参照)
  • 産業医ワンポイント・レクチャー「あなたは,もうできますか?療養・就労両立支援指導料1000点」※事前申し込み制(HP参照)
  • 一般演題(公募)
  • 医師研修会&放射線研修会 ※事前申し込み制(HP参照)
  • 超音波研修会 症例検討会・教育講演
  • 保健衛生研修会 ※事前申し込み制(HP参照)
  • ランチョンセミナー
  • 市民公開講座「消化器がんの検診および最新の治療」
シンポジウム・一般演題の公募について

締切:6月7日(金)

抄録応募方法:下記①〜⑨の項目をWord文章にて作成しメールに添付して下記アドレスにお送りください。詳細はホームページ(http://jsgcsk48.jp/)演題募集をご参照ください。

①応募セッション(シンポジウム1 ・シンポジウム2 ・一般演題)
②演題名
③筆頭演者(よみがな)および共同演者 ④演者所属 ⑤抄録本文(800字以内)
⑥筆頭演者の連絡先(〒,住所,TEL,FAX,E-Mail)
⑦JSGCS演題登録時 Medical ethics申請 設問1 :研究内容について(HP演題登録ページ参照)
⑧JSGCS演題登録時 Medical ethics申請 設問2 :倫理委員会審査の要/不要について(HP演題登録ページ参照)
⑨JSGCS演題登録時 Medical ethics申請 設問3 :設問2 で項目2 〜5 を選んだ場合は審査を受けた倫理審査委員会について本設問にお答えください。(HP演題登録ページ参照)
抄録送付先アドレス:jsgcskinki48@p-forest.co.jp

地方会HP
http://jsgcsk48.jp/
お問い合わせ先・運営事務局
株式会社PLANNING FOREST内 第48回日本消化器がん検診学会近畿地方会 係
〒542-0075 大阪市中央区難波千日前5-19 河原センタービル5階
TEL:06-6630-9002  FAX:06-6630-9003  E-Mail:jsgcskinki48@p-forest.co.jp

中国四国支部

第50回中国四国地方会

温故知新─中国四国支部50年の歩みと,これからの消化器がん検診─

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
大黒 隆司(高知赤十字病院健康管理センター)
会期
2019年12月7日(土)~8日(日)
会場
高知城ホール(高知県高知市丸ノ内2-1-10)
参加費
3,000円
プログラム
  • 12月7日(土)
  • 特別講演( 1 )「未定」※
     演者:渋谷 大助(日本消化器がん検診学会 理事長)
  • 特別講演( 2 )「未定」
     演者:吉原 正治(日本消化器がん検診学会中国四国支部 前支部長)
        井上 和彦(日本消化器がん検診学会中国四国支部 支部長)
  • 教育講演(超音波研修会)「検診や一般診療で遭遇する膵疾患」  講師:耕崎 拓大(高知大学医学部 消化器内科)
  • シンポジウム( 1 )「中国四国各支部50年の歩み」(仮題)
  • シンポジウム( 2 )「新しい時代の消化器がん検診」(仮題)※
  • 一般演題
  • ランチョンセミナー
  • 12月8日(日)
  • 特別講演( 3 )「未定」
  • 胃症例検討会(放射線技師会)
  • 一般演題
  • ※特別講演( 1 ),シンポジウム( 2 )は支部医師研修会を兼ねる。
一般演題募集
について
締切:7月頃を予定
お問い合わせ先・事務局
イブニング・グロー
担当者:豊永 亜紀
〒780-0912 高知県高知市八反町1 -15-15
TEL:088-824-2715  FAX:088-824-9244
E-mail:aki@e-g.co.jp

九州支部

第49回九州地方会

「住民とともに歩む消化器がん検診をめざして」

詳細は各支部の事務局にお問い合わせください。

会長
宮原 広典(鹿児島厚生連病院)
会期
2019年9月21日(土)
会場
鹿児島県市町村自治会館(鹿児島県鹿児島市鴨池新町7-4)
参加費
医師5,000円,その他3,000円
プログラム
  • 教育講演、特別講演、シンポジウム、一般演題、症例検討会
  • 教育講演1 (胃)  講師:山道 信毅(東京大学医学部附属病院 予防医学センター)
  • 教育講演2 (膵臓)
     講師:本田 一文(国立がん研究センター研究所)
  • シンポジウム
  • 一般演題(公募)
  • ランチョンセミナー(大腸)
     演者:山本 博徳(自治医科大学 消化器内科学部門)
  • 備考:医師研修会、放射線・保健衛生研修会併催予定
一般演題募集
について
演題募集開始は5 月を予定しています。第49回日本消化器がん検診学会 九州地方会ホームページよりオンライン登録となります。
学会事務局
鹿児島厚生連病院 担当:谷口 清正
〒890-0062 鹿児島与次郎1-13-1
TEL:099-252-2288 FAX:099-252-2736
運営事務局
(株)JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部
担当者:北原真理子
〒810-0072 福岡県福岡市中央区長浜1-35 新KBCビル4F
TEL:092-751-3244  FAX:092-751-3250