一般社団法人 日本消化器がん検診学会

認定制度

胃がん検診専門技師認定 更新のご案内

新型コロナ感染の影響による2021年度新規及び更新における申請困難者への救済措置について

このたびの新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,学会活動が制限されている状況にありますので,2021年度胃がん検診専門技師認定更新対象者で資格申請が困難である方については,下記のとおり1年延長とみなしますのでご申請などは不要です。

〔2021年度更新申請者救済措置〕

第7条(細則より一部抜粋)
 2.更新申請する者(以下、「更新申請者」)は、次の条件を全て満たすことを要する。更新に必要な単位取得期間は認定期間開始年の3月1日より年後の2月末日とする。但し、初回更新は、認定期間開始年の2月1日より年後の2月末日とする。

〔2019年度及び2020年度更新保留者救済措置〕

第10条(細則より一部抜粋)
 2.更新手続保留期間中は、専門技師を呼称することはできない。
 3.更新保留は、1年ないし年の年度単位とし最長年までとする。
 4.更新年度より年を認定期間とする。

更新保留中の方で,更新申請のない方は自動的に1年延長いたします。従いまして,保留申請書のご提出は不要です。

更新年度 保留期間 保留最終年度 救済措置後
2019年 2年間 2021年 2022年度まで
2020年 1年間 2021年 2022年度まで

2021年度胃がん検診専門技師認定資格更新について

日本消化器がん検診学会胃がん検診専門技師認定制度における資格更新手続きは下記の要領にて実施いたします。
期日までに更新申請の手続きを行わない場合,救済措置により自動的に1年延長といたします。

1.日程概要

  • 申請書類入手時期:2020年11月16日(月)開始
  • 提出期限:2021年 2月26日(消印有効)厳守
  • 更新認定証送付:2021年 6月中旬(予定)

2.更新対象者

  • 平成28年(2016)に胃がん検診専門技師認定資格を取得した者
  • 平成28年(2016)に胃がん検診専門技師認定資格を更新した者
  • 保留申請中の者(更新単位が満たされていれば保留期間にかかわらず申請可能です。)

3.更新申請資格

  1. 本学会の継続会員であり,当該年度の会費が完納していること。
  2. 規定の単位表に従い30単位以上を有すること。
  3. 撮影実績は,撮影技術者あるいは指導者として規定の単位表に従い,5単位以上取得していること。但し,撮影実績の単位は最高15単位までとする。
  4. 研修実績は,日本消化器がん検診学会の総会,大会のいずれか1回以上,又は支部主催地方会に 2回以上の出席があること。
  5. 更新申請に必要な書類(施行細則第8条の「更新申請書類」をいう)を満たしていること。

4.更新申請書類(施行細則第 8条より抜粋)

  • 更新申請者は,次に定める書類を所定の期日まで提出するものとする。
    • (1)専門技師認定更新申請書
      • 撮影実績証明書(施設長公印の押印が必要)
      • 研修実績および論文の証明書類[研修実績は学会、研究会の参加証(参加証は領収書以外を切り離さず全ての部分)や研修修了書の写、論文の写を添付のこと]
    • *参加証、研修修了書の添付のないものは認めない。
    • *演者としての単位申請は、参加証に加え、それを証明するプログラムまたは抄録の写を必要とする。
    • (2)更新料払込領収書の写

5.更新単位の取得有効期間

  • 初回更新者:2016年 3月 1日〜 2021年 2月末日
    (取得単位を証明する参加証の写が必要となります。証明なきものは無効)

6.申請書類の入手方法

2020年 11月16日(月)正午よりダウンロード開始
パーソナルページ 注)資格申請「胃がん検診専門技師認定」より「更新申請書」をダウンロードしてください。
※申請書はPDFとWordの2種類の中からお選びください。A4サイズ(縦297mm×横210mm),片面印刷で印刷してください。
尚,2020年度年会費未納者は,12月1日(火)よりパーソナルページへのご入室ができなくなりますので,早めにご納入ください。

事前にパーソナルページへの初回ログイン手続きを完了させてください。
パーソナルページに初めてアクセスする場合は,初回ログインお手続きページより,自身でログイン用のパスワードを設定する必要があります。会員番号,メールアドレスが不明な場合は,事務局までお問い合わせください。

7.更新料について

お支払いは,Web決済システム「イベントペイ」で行います。
更新料:10,000円 イベントペイ使用料600円(各自負担)
イベントペイURL:https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7532911519519985&EventCode=8807580358

〔支払方法〕
クレジットカード決済のみ
更新料はいかなる理由があっても返却いたしませんので,申請書類がすべて揃ってからお振込みください。
※ クレジットカードをお借りして更新料をお振込みする場合は,申請者本人のお名前でお申込みをし,クレジットカード決済の際はクレジットカードの名義人のお名前でお申込みください。もし,どちらかを誤ってご入金された場合は,ご連絡ください。
※ 支払先の名称は「スタッフペイメント株式会社」または「イベントペイ」になります。
〔領収書〕
クレジット決済後に自動配信される「申込完了メール」の本文中に,領収書の取得URLの記載がありますので必ずご入手ください。

8.提出期限

2020年12月1日~2021年2月26日(消印有効)厳守

提出物チェック

2020年度の年会費は納入済みですか?
撮影実績数は十分ですか? また,所属施設の公印または所属長印が押印されていますか?
過去 5年以内の本学会主催の総会・大会(JDDW)・地方会(下記の学会参加対象一覧表を確認)参加証のコピーは貼付されていますか?
Web決済システムイベントペイで支払った領収証(10,000円)のコピーは貼付されていますか?
申請書に記入漏れはありませんか?
申請書はすべてのページをまとめ,ホチキスまたはクリップなどで留めましたか?
希望者のみ】申請書類の受領を通知するハガキです。ハガキには申請者本人のご住所・ご氏名が記入され、63円切手が貼付されていますか?(裏面は白紙のままで結構です)

提出期限までに申請書類一式(受領確認を希望される方は「官製はがき」を同封してください)を揃え,申請書が折らずに入る大きさの封筒の表に「胃がん検診専門技師認定更新申請書在中」と朱書きのうえ,配達記録の残る方法(簡易書留やレターパック、宅配便など。持参は不可)にて下記の提出先宛てにご送付ください。

9.提出先

〒112-0014
東京都文京区関口1-19-2 第2弥助ビル3階
日本消化器がん検診学会 胃がん検診専門技師認定委員会 係

2021年度認定更新に必要な学会参加対象一覧表

*更新申請には,総会・大会:1回以上,もしくは地方会参加:2回以上の出席が必須です。
※JDDW参加証とは,一般参加証(参加費が15,000円または20,000円)のことです。
・参加証(写)は,領収書以外を切り離さず全ての部分が必要です。
・本学会主催の胃がん検診専門技師認定研修会は,必修ではありません。

学会名 平成28年度
(2016年)
平成29年度
(2017年)
平成30年度
(2018年)
令和元年度
(2019年)
令和 2年度
(2020年)
総  会 第55回*
鹿児島
6月10・11日
第56回*
つくば
6月23・24日
第57回*
新潟
6月8・9日
第58回*
岡山
6月7・8日
第59回*
福岡(Web)
9月30日・10月1日
大  会 第54回※
神戸
11月3〜6日
第55回※
福岡
10月12〜15日
第56回※
神戸
11月1〜4日
第57回※
神戸
11月21〜24日
第58回※
神戸(Web)
11月5〜8日
北海道
地方会
第46回
札幌市
7月9日
第47回
札幌市
7月8日
第48回
札幌市
7月14日
第49回
札幌市
7月 6日
第50回
札幌市
今年度延期
東北
地方会
第54回
山形市
7月8・9日
第55回
盛岡市
6月30日・
7月1日
第56回
仙台市
7月6・7日
第57回
秋田市
7月4・5日
第58回
仙台市
2021年 2月5日・6日
関東甲信越
地方会
第76回
新潟市
8月20日
第77回
横浜市
8月26日
第78回
宇都宮市
9月2日
第79回
前橋市
9月29日
第80回
千葉市
今年度延期
東海北陸
地方会
第46回
津市
11月26日
第47回
富山市
12月2日
第48回
岐阜市
12月1日
第49回
金沢市
11月30日
第50回
浜松市
今年度延期
近畿
地方会
第45回
神戸市
8月28日
第46回
奈良市
8月26・27日
第47回
大津市
8月5日
第48回
京都市
8月24日
第49回
和歌山市
2021年3月20日
中国四国
地方会
第47回
倉敷市
12月10・11日
第48回
高松市
12月9・10日
第49回
鳥取市
12月8・9日
第50回
高知市
12月7・8日
第51回
山口市
11月28・29日
九州
地方会
第46回
長崎市
10月1日
第47回
熊本市
9月30日
第48回
福岡市
9月15日
第49回
鹿児島市
9月21日
第50回
佐賀市
今年度延期

 

ADOBE PDF READER

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。ダウンロードはこちらから。

認定制度